プラークコントロールとは

毎日正しく歯を磨く

口腔内の細菌を減らす方法としてまず挙げることができるのは、毎日正しく歯を磨くことです。
これだけ聞きますと全く当たり前のことのように聞こえます。
それは至極当然なのです。ただ、気をつけなくてはならない点がいくつかあります。
ここでは、その点について見ていきます。

まず、正しい方法で行うことが重要であることです。
特に、歯を磨く時の強さが大切です。
口の中をきれいにしようと必死に強く歯を磨く方がいらっしゃいますが、実はこれは間違いです。
なぜなら、強く歯を磨くことで口の中に傷を作ってしまい、その傷口から細菌が侵入、繁殖してしまう恐れがあるからです。

ですので、デンタルフロスを用いながら適切に歯を磨くことが必要になります。

歯磨きアイテム

細菌を減らす方法は他にもあります。
それは、歯磨きをする際に使う、歯ブラシやデンタルフロス、歯磨き粉を選ぶ際にプラークコントロールを意識するということです。

まず、歯磨きの際歯ブラシしか使用していない方は即刻デンタルフロスを取り入れるべきです。
歯ブラシでは届かない歯と歯の隙間までしっかりと掃除することができるからです。

また、アイテムを選ぶ際にプラークコントロール等の表示がしてある商品を選ぶのもポイントです。
プラークコントロールという表示がなくとも口腔内の細菌に効果がある等の表記でも良いと思います。

このように、普段遣いする口腔内ケアのアイテム選びに力を入れることもとても効果があると言うことができます。


この記事をシェアする